ロボットプログラミング学習とは?
  1. 機械やブロック好きな子供には「ロボットプログラミング学習」がおすすめ

機械やブロック好きの子供には
「ロボットプログラミング学習」がおすすめ

ロボットプログラミングとは?

ロボットプログラミングとは?

子供がプログラミングを習得する方法の一つとして、ITを活用したモノづくり「ロボットプログラミング」が人気です。ロボットプログラミングにはロボットを作るところから始めるものと、既製のロボットを使ってプログラミングを学習するものの2種類があります。

自分で組み立てるロボットプログラミングはブロックを使ったものが多く、それにモーターやLED、スイッチなどの電子パーツ、そして電子パーツを制御するためのプログラムを組み合わせてロボットを動かします。有名なものではArtec社のRobotistやレゴ社のマインドストームEV3などがあり、どちらもブロックなので好きな形にすることができます。

電子パーツは差し込むだけで簡単に接続することができるので、小さな子供にも安全です。プログラミングには、Scratchなどのビジュアルプログラミング言語を使用するものがほとんどなので、初学者でも始めやすいカリキュラムがほとんどです。モノづくりが好きな子供には、自分でロボットを組み立てて制御するタイプのロボットプログラミングがおすすめです。

ロボットプログラミングではどんなチカラが身に付くの?

ロボットプログラミングではどんなチカラが身に付くの?

ロボットプログラミングでは2020年から実施される「小学校でのプログラミング教育必修化」導入の土台となる「21世紀型スキル」を身に付けることができます。「21世紀型スキル」とは、今後子供たちが社会で生きて行く上で必要になる「基礎力」「思考力」「実践力」の総称です。

具体的には、「基礎力」とは子供たちはテキストを読みながらロボットの組み立て方を読み解く言語スキルや情報スキルを指します。「思考力」とはブロックとプログラミングの組み合わせでオリジナルのロボットを作り上げる創造力や、ロボットが思い通りに動かないときの問題解決能力などのことです。そして「実践力」とはトライアンドエラーを繰り返しながら目的を達成させる行動力です。子供たちはロボットプログラミングを通じて手と頭を働かせることで、総合的な能力を伸ばしていくことができます。

またコンピュータの世界では2次元的なものが多くなりがちですが、立体的なブロックを使用することで空間認知能力や物事を多面的にとらえる力が付きそうです。そしてロボットプログラミングでは、モノとインターネットが連動して働くIoTの基礎に慣れ親しむチャンスでもあります。

ロボットプラグラミング教室とプログラミング教室の比較

ロボットプログラミング教室もプログラミング教室も、子供がプログラミングを通じて考える力や行動力を育むという意味ではどちらも同じです。では子供にとってどちらがいいのでしょうか。それぞれの共通点や違いについて比較して見ました。

子供でも分かりやすいビジュアルプログラミング言語を使用して、コンピュータに命令する方法を覚えるという点は同じです。そしてどちらもオリジナルテキストを使用して、それぞれの子供の進捗度に合わせた指導をしてくれるところが多いようです。

2つの教室の大きな違いは、プログラミングを通して「何をするか」という目的と「どんなツールを使うか」という手段です。ロボットプログラミング教室では、まずロボットがありきです。手に触れることができるモノを制作し、ロボットを動かすための手段としてプログラミングを学びます。それに対してプログラミング教室では最終的にはアニメやゲームを制作しますが、プログラミングのしくみそのものを学ぶのが目的と言ってもいいかもしれません。

そしてそれぞれ使用するプログラミング言語に、若干の違いがあります。ロボットプログラミングでは、それぞれのロボットキットに対応した専用の言語やソフトを使用します。そこから発展させて本格的なプログラムを覚えるときには、Arduino、C言語などを学習することが多いようです。一方でプログラミング教室では、Scratchなどで学習します。タイピングに慣れプログラミングがわかってくると、UnityやJavaなどを覚えて本格的なスマートフォンアプリ制作に挑戦していくようです。

教室選びの際には子供がプログラミングを通して何がやりたいのか、また将来的にどんなプログラミング言語学習をしていきたいのかを考慮して決めるといいでしょう。

PAGE TOP