自宅にパソコンがなくても始められるプログラミングツールとは?
  1. 自宅にパソコンがなくても始められるプログラミング教育ツールや教材

自宅にパソコンがなくても大丈夫!
パソコンがなくても使えるプログラミングツールとは?

パソコン不要のプログラミング教育教材PETS(ペッツ)とは?

パソコン不要のプログラミング教育教材PETS(ペッツ)とは?

家にパソコンやタブレットがないとか、子供にはまだコンピュータを触らせたくないなどの事情がある場合、情報端末を利用しないでプログラミング教育を受けさせることができる教材があります。その一つにSTEM教育のワークショップなどを開催しているfor Our Kidsが開発した「PETS(ペッツ)」があります。

PETSの本体は車輪が付いた木製の箱です。この上面にある穴に命令が書き込まれているブロックを差し込み、スタートボタンを押すだけで箱を動かすことができます。箱に命令するブロックには前進・後退・右回転・左回転・繰り返しの5種類があり、それらを自由に組み合わせることで箱の動きを自在に制御できます。組み立てキットの価格は25,000円(税別)で、組み立て代行を依頼する場合は別途28,000円(税別)がかかります。

PETSはプログラミングの知識が一切必要なく「自分の命令で機械を動かす」というプログラミングの根本的なしくみに遊びながら触れることができる、一種の玩具です。情報端末を使ってプログラミングを学ぶ前段階として、プログラミングの魅力を垣間見ることができるツールと言えます。

「マインクラフト」で電子工作を学ぶツールPIPER(パイパー)とは?

「マインクラフト」で電子工作を学ぶツールPIPER(パイパー)とは?

人気のコンピュータゲーム「マインクラフト」で遊びながら電子工学を学べる、PIPERというツールがあります。PIPERは抽象的で理解しづらいコンピュータ学習を実際に手で触れ自分で組み立てることで「コンピュータの裏側で起こっていること」を学習できるキットです。具体的には、マインクラフトが遊べるゲームをハードから作ってしまおうというもの。

ゼロから組み立てを経験することで、エンジニアへの第一歩を踏み出せます。

組み立てに必要なパーツはひと通り揃っています。電子回路には付属のブレッドボードを使用するので半田付けなどを必要とせず、子供にも安心です。マニュアルを見ながら同梱の工具のみを使って、自分だけのコンピュータができ上がります。自分で作った電子回路が正しく作動するかどうかをマインクラフト上で再現できるので、電機や電子回路のしくみを楽しみながら学習することができます。アメリカで開発されたPIPERですが日本語にも対応しており、価格は税別39,800円です。コンピュータが動くしくみを概念的ではなく、より直接的に学習できる教材と言えます。

ブロック感覚で電子工作が学べるlittle Bits(リトルビッツ)とは?

ブロック感覚で電子工作が学べるlittle Bits(リトルビッツ)とは?

こちらもアメリカ生まれの、電子工作を気軽に始められる教材です。難しいプログラミングの知識は一切必要なく、小さな電子回路基板をつなぐことで簡単に電子工作を楽しむことができます。各電子基板には磁石が付いており、半田付けの必要がないため小さな子供でも電子工学が学べるのが特徴です。

各Bit(ビット)には光るもの、モーター、一定の条件下でスイッチが入るものなど違った役割があり、それぞれをつなげるだけで電子機器が作れます。組み合わせ次第で様々なものが作れるため、造り手の創造力次第で可能性は無限大です。BASE KIT、PREMIUM KIT、DELUXE KITなどそれぞれのキットによってモジュールとアクセサリーの数が異なり、一番ベーシックなもので税別13,500円です。またアナログ・シンセサイザーや火星探査機が作れるものなど、目的別に選ぶこともできます。

ブロックなどはセットに入っていないので、電子回路以外の材料は自分で用意する必要があります。日本でもイベントやワークショップが数多く行われており、子供からデザイナーまでオリジナルのアイディアを電子工作で表現しています。自由な発想を活かしてIoTの基礎を学びたい子供におすすめです。

PAGE TOP